ブログ

菓子と器の宮栄

気が付けば第21回を数える恒例 “内子座文楽” が今年も8月19日(土)、20日(日)に開催されます!

毎年、東京など県外からもたくさんのお客様が楽しみに来られています。

 

 

 

当店がある内子商店街は、古い町並みが残る重要伝統的建造物群保存地区と内子座との間にあるので、普段から観光のお客様も多いのですが、この日はいつも以上に高貴な雰囲気の方が多いような気がしますね!

 

 

 

そんな観光のお客様のお土産になればと思い数年前から町内限定で販売しているのが、「内子座せんべい」!

 

当店では試食もできますのでお立ち寄りの際はぜひお試しください。

 

 

「内子座のおせんにキャラメル」は、先に言っておきますけど、

 

 

キャラメル味ではありません!!!

 

 

「おせんにキャラメル~」とは、昔、芝居小屋で休憩時間に菓子を売り歩いた売り子の呼び声です。

 

なので、決してキャラメル入りとかではないのです。

 

お店でもお客さんに聞かれるたびにこの説明をしているのですが、ややこしいですよね!

 

 

そのうち商品名変えるかも・・・。(笑)

 

 

 

内子座のおせんにキャラメル (2枚×18袋)
内子座せん (2枚×4袋)

 

 

ちなみに、

 

商店街にあるウチの店舗名は、

 

『菓子と器の宮栄(みやえい)』

 

といいます。

 

 

前回も書いた通り創業以来ずっと陶器の取扱も続いており、店舗2階には全国の焼き物(食器・花器等)がたくさん並んでいます。

 

『宮栄』というのが正式な会社名で、創業者である祖父の名前 宮瀬栄一(えいいち) からとったものです。

 

ちょっと混乱しそうですが 【我が子菓子 善蔵】は製造しているオリジナル菓子のブランド名のことで、父の名前 善三(ぜんぞう) からとったものです。

 

『菓子と器の宮栄』は、営業時間 8時30分から19時まで(土・日・祝日は18時まで)、定休日は水曜日です。たまに私も店番しますが、いつもはウチの“カンバン嫁” が切り盛りしてます。

嫁さんは、ありがたいことに(?)よく観光のお客さんに道案内を聞かれます。

 

 

外国の方にも身ぶり手ぶりで応戦します!!!

 

その嫁さんですが、今春から松山市の高校に通い始めた長男のお弁当作りのため、毎朝5時起床という試練の中で

 

店家両道?

 

で頑張ってくれております!

 

私は、社長だの商店会副理事長だの〇〇委員長だのとやりたいことやってるけど、やはり

 

内助の功

 

あってのことです。感謝です!!

 

さて、工場・卸部はお盆休みも終わり8月16日から営業です。

 

16日は早速「玉子落花せん」を焼きますよー!