ブログ

食品写真撮影セミナーでお勉強

県とか各種団体とかから時々セミナー開催の案内をいただきます。

他方面にわたって色々勉強する機会(環境)はあるというわけですが、日程や時間の都合やら関心の度合いもあって正直あまり参加できていない。

特に歳を取るにつれ新しいことを勉強するというのは思いつきの悪いものです。

 

そんな中、(少し前の話になりますが)以前にも一度開催されたのに日程が合わず行けなかったセミナーが先日あったので参加してきました!

 

 

仕事柄、商品の画像が必要な事は度々あります。

パンフレットやホームページなど正規の場合にはデザイナーさんとかカメラマンに取っていただいた画像を使うのですが、ちょっとした写真くらいは自分でも撮れたら良いなと思っていたので、とてもありがたい機会でした。

 

コンパクトデジカメは家にあるけど、子供の行事の時に持ち出して、よくわからないから「オート設定」で取り敢えず撮るといった具合でした。

 

セミナーでは、SDカードの説明から「しぼり」のことなど基礎を教えてもらった後、実際に持参したカメラで食品を撮影しました。

 

 

パンのトッピングを強調させるように撮った写真です。

絞りを大きくすることでピントが合う範囲が狭くなり、奥の方はボケて、見せたいポイントをより強調できる。

 

あとは、レンズの明るさのこととか光の当て方、接写のことなども教えていただきました。

 

少数定員でワークショップ形式だったので、わからないこともその場で先生に聞けて納得できるというのも非常に良かったです!

 

短時間ではありましたが、ド素人の私には “儲けもん”のセミナーでした。

 

 

新製品の速報とかで写真掲載できるといいな!